君らしく輝けば世界も輝く

たくさんの笑顔を君に。

夢の中へ連れていって〜PrincePrincess〜

 

"Princess"

 

 

 

これはディズニーのプリンセスでも、どこかの国の王国のお姫様でもなくて。

 

 

ここでの意味はPrinceというグループのファンの名称。

 

 f:id:gen1723:20180124103648j:image

 

ちょっと照れちゃうって?そんなことないくらい本当にプリンセスになれちゃうんだよ。

 

私の大好きなPrinceのことを振り返りながら書いたのでこの日々を一つ一つ大切にこれからも忘れず宝箱に入れて持っていけますように。

 

 

 

2015年に結成された

"Mr.KING vs Mr.PRINCE"

 

 

 

テレ朝夏祭りの公式サポーターとして就任してそのために作られた期間限定のグループでした。

 

 

夏のEXシアターでサマステが行われて、キンプリのコンサートのオーラスで活動継続って発表されてこれを見た時私はもういよいよデビューだと確信しました。

この時はきっとだれもが思っていたと思います。

もちろん、今よりまだまだ青くて未熟だったといえばそうかもしれない。けど勢いがすごかった。とにかくすごかった。

ただガムシャラにあの時は突っ走ってた。

走って走ってその先にある何かを掴むために走ってた2015年の夏だったとすごく思います。

 

 

 

あの頃、それぞれセクボとなにきんとしてやっていて。

春のクリエで変動してキンプリを組んで。

 

 

 

ファンの意見も様々ありました。

私は最初はセクボちゃんに想いを馳せすぎていてなかなか納得できなくて。

セクボちゃんの繰り出す空気感が大好きでほとんどセクゾのバック以外の単独コンサートはクリエだけの活動だったのに虜にされた。惹きつけられた。

直接見たことはないけれどテレビの中、雑誌の中でいる5人がたまらなく愛しくて大好きだった。

岩橋くんは「みやちかぁぁ」って宮近くんにはダル絡みをしてちょっかいかけまくって。

なんといってもボディータッチが異常。

顕嵐ちゃんには他の人は絶対しないであろう行動をたくさんしてペタペタシール貼って見たり食べ物お口にたくさん入れてみたり。

その様子を余すことなくポポロが伝えてくれて。

しかも尋常じゃないくらい裏側レポを流してくれて本当にワクワクで仕方がなかった。

毎月20日が楽しみで仕方がなかったです。

次はどんな可愛い5人が見れるのかなあって。

 

雑誌でも岩橋くんたくさんセクボが大好きだって言ってくれて。

 

「この5人が合ってるってファンレターに書いてあると嬉しい」

 

そうとも言ってもくれて。

私はたまらなく嬉しくてファンレターにそのことを書いてすぐ出した。

 

でもポポロで個人1人ずつメインの会が始まりそれは終わりだってサインを感じた。
メインの会なんて来なければいいのにって思ってました。だって寂しかったんだよ…。

 

案の定5人回ったらキンプリに変わってしまって。

寂しかった。

5人のわちゃわちゃはポポロの紙面でしか見ることができなくてそれが楽しみだったのに。

当時の自分はセクボのページを見返しては悲しくなっての繰り返しで。

なんで離れちゃうのかなって。

 

でも、本当に1年と少しこの5人で取材をしてくれたポポロには頭があげられないです。

本当にありがとうございました。

あの期間の雑誌は特に大切で仕方がありません。

大好きな5人の関係性は今でも健在だからまたちょくちょく様子教えてねってね。

今もこれからも大好きだよー!!

 

いつかねこれはいつかのお話なんだけど同窓会みたいな感じでまた5人で何かパフォーマンスしてもらえる日が来ることを願ってます。

それぞれみんな頑張ろうね、5人それぞれ応援してます。

f:id:gen1723:20180521051713j:image

 

 

 

そして、少クラも雑誌での括りもキンプリになり始めて。

オールスターゲームでの特別ゲストになった。

岩橋くんが大好きな大好きな野球の地、東京ドームで歌うことができて。

あの日は朝からテレ朝のWS出ずっぱりですごいなあってただただすごいって思ってた。

そこから特別番組、個人でバラエティ、Mステなど。

もうこれはデビューするなと思った。確実に思った。

 

夏のキンプリ公演のオーラスでこのグループが期間限定じゃなくてそれから延長という発表もされたんだよ。

 

でも、それから2015年秋には名前がなくなっていた。

雑誌の名前がMr.KINGはあるのにMr.Princeは岩橋、神宮寺、岸って表記されていてグループ名が無くなっていた。

悔しかったし悲しかった。

どうなるんだろうってまた解体されるのかなあって。

 

2015年の冬のいつも恒例の帝劇で3人だけ名前がなくて何度もメールを見て嘘でしょって言葉を失いました。

ここで3人がいないって何してるの?もしかしたら消えてしまうのかなって思ってしまって涙を流す日もありました。

なんでなんでなんでって思っても当然わかるわけなくてモヤモヤした日々が続きました。

 

そして、2ヶ月くらい経った後

"Prince"

そう名前が変わっていた。

 

それから3人のアイドル誌の対談で一通り話した後に

神宮寺「なんかさ、お互いのいい話が全然出てないよ(笑)」

岩橋「オレらっぽいけど?」

神宮寺「でも、ちょっとはオレらを上げるようなことしないと」

岸「(Prince)名前変えるように頼むか?」

神宮寺「じゃ、岸くん命名してよ」

岸「Mr.が無くなったから、ついでにPを取ってrince(リンス)だけとか!」

岩橋「なんでついでにPもとっちゃうの?」

岸「リンス=ファンの心をコーティングってことで(笑)」

 

苦しかったすごく苦しかった。

多分私たち以上に本人たちが苦しくてきっと話し合いも何度何度もしたんだろうなって。

岩橋くんのなんでPもとっちゃうの?が一番苦しくて。それなのに何もできない自分も嫌で仕方がなかった…。

 

3人がでもしばらくは一緒に居られるんだって思ったからそれはとっても嬉しかったです。

 

舞台もなく空白の日々を過ごす中でクリエが発表されてPrince3人の単独が決定しました。

初の3人の単独私は応募もできなかったけどワクワクしててどんな色を見せてくれるのかなってとにかく3人にとって久しぶりのコンサートでレポを楽しみに楽しみにしていました。

Princeクリエは本当に初めて3人だけのものだからそれぞれ特色が見えて3人はこういう感じなんだって初めて感じるものばかりでした。

ユニット曲もそこでできてじぐいわ、きしいわ、Wゆうたになるとこういう構成にするんだって知ることができて本当に嬉しくて楽しくて3人の単独私も行きたいって願うばかりでした。

そしてこのクリエの前にファンの名前がPrincessになったということが告げられました。

 

セクゾのバックもPrince3人とストの4人が付くことが決まってこの状況を打破できるようなそんな気がしました。

この時は本当にこの7人だけでバックを務めたことが嬉しくてその姿を見ることはできなかったけど3人で堂々とステージに立って踊っているレポが流れるのが楽しみでした。

ここが最後のセクゾのツアーバックのお仕事で最後がこのウェルセクで本当に良かったなあって思いました。

 

 

そして、Jr.大賞が発表されて2016年の年は岩橋くんの3連覇がかかっていて本当に怖くて。

特に時期が時期でここに想いを託していました。

ページを開けた時でっかくケーキを持った岩橋くんが歌っていてとっても嬉しかった本当に。

3連覇できたんだって。

その時のコメントにはこう書いてあって。

f:id:gen1723:20180521051722j:image

 

 

ここでモヤモヤした日々を岩橋くんも過ごしていたと知ってでもそれをバネにしている岩橋くんがたまらなくかっこよくて。

それはWゆうたと周りのJr.の仲間がいたからこそ乗り越えれたんじゃないかと思います。

 

 

一番の2016年春のニュースは今でも大好きで大切で3人にとってもかけがえのない番組の"真夜中のプリンス"が始まったことです。

 

朝起きてツイッターをみたら叫んでしまって本当に嬉しくて夢みたいでした。

3人がメインなんだ。タイトルに名前が入ってるって。

真夜中の嵐みたいで嵐も大好きな私にとっては偶然には思えなくて運命も少し感じていました。のちのち真夜中の嵐と真夜中のプリンスのスタッフさんが一緒であるってことがわかって 先輩の番組と同じタイトルでスタッフさんも同じってことは期待してもらえてたのかなあって。

 

もう一つ春にJOHNNY'S Future WORLDが決まったことです。

紫耀くんが座長でメインキャストにプリンスの3人がいることが信じれなくて。

3人ってとこがまた嬉しくて。

夢みたいでした。出演者も多くなくてこれは本当にたくさんたくさん出番があるなあって思って嬉しかったです。

しかも、大阪と福岡の地方公演で今までにないことに参加させてもらえたことがまた嬉しかったです。

 

少し時系列はバラバラになってしまいましたが216年の春にはあの苦しかった冬が嘘みたいにたくさんお知らせがあって少しだけ道が開けたようなものそんな気がしてました。

 

 

2016年の夏は平野紫耀、Prince、松松、天才Geniusでのサマステが決まりました。

そして、この夏でずっとずっとこれからも大切にしていくPrince初のオリジナル曲

Prince Princess

が披露されました。

 

最初に目にした時に信じられなくて夢みたいで。

オリジナル曲を作ってもらえたってことはこの3人でやっていってもいいんだって許しを得たって言い方は変だけどそんな気がしていて、タイトルに" Princess"が入っていてなんて素敵なんだろうって。

歌詞もメロディーも、キラキラしていながらどこか儚くて。

 Princeみたいな雰囲気の曲だなって思いました。

ジャニーさんがもったいないって言いながらもPrinceに託してくれて歌っていくうちに成長していった "Prince Princess"はずっと大切だしこれからも一緒に大きくなろうね。

 

秋のJOHNNY'S Future WORLDではオリジナル曲2曲目の

For the glory

が披露されました。

この歌詞や曲調は Prince Princessとは対照的で Princeの野心が歌われてるような曲で絶対に掴みとってやるという気迫が感じられら歌詞でそれはパフォーマンスにも現れていました。

ジャニフワは本当に楽しいっていう感情しかなくてワクワクしっぱなしでどこのシーンでもだいたい Princeの誰かがいて

 

そして、2016年冬にはまた帝国劇場での舞台に立っていました。

 

 

2017年

 

2017年は本当にかけがえのない年です。

大好きな年です。

きっと生涯忘れない年でもあるし忘れたくない年でもあります。

 

 

2017年春は、ジャニーズJr.祭りがありました。

横アリと城ホで開催されてそれぞれがどんな演出するかとても楽しみでした。

各グループ二曲ずつ披露する場面で Princeただ1グループだけ2016年の夏に発表された「 Prince Prince」をフルコーラスで披露しました。

2番をずっと待っていたけれどこのタイミングで披露してくれるなんて思わなくてこの曲一つで勝負してくる Princeがたまらなくかっこよかった…

2番も素敵な歌詞で涙をこぼしてしまいました。

 

その中でのコラボでまたMr.Kingと Princeが一緒に組み曲を披露してまた何かあるのかなって思いながらどこか懐かしいなってそんな目で見ていた気がします。

 

クリエは楽しみにしていましたが、 Princeの名前はなく単独は見れないのかなあって思っていた時に夏のお知らせがやってきました。

私が今までで一番楽しかったあの夏です。

 

夏のお知らせを開くとそこには各ユニほとんど単独がありPrinceの単独も書いてありました。

本当に嬉しくてまさか夏に単独するなんて思わなくて3人だけが作り出す公演が観れるかもしれないんだあって本当に夢のようでした。

 

ステナビを読んでの独り言。 - 君らしく輝けば世界も輝く

 

前にも綴っていますが、この記事が出た時は正直悲しくて。

でもそんな気持ちは吹き飛ばしてくれたそんな夏でした。

 

7月27日〜30日の4日間全10公演。

本当に幸せでした。

言葉で言い表すのは本当に難しくて Princeの世界観が伝わってきて初めての3人の単独で装飾とかは特にないけれど Prince独特のオーラに包み込まれていました。

階段を降りていく中で画面に Princeと写っているのが見えた時には涙が出そうになりました。

 Princeの選曲は私が聴かない曲ばかりなのでそのせいか Princeの曲のようにしっかり自分たちのものにしていてその世界に引き込まれました。

書道パフォーマンスも生ものだから毎回字や墨の量が違っていてとても新鮮でした。

恋を知らない君へはずるかった。

だって、

「今の季節はいつですか?岸くん?」って聞いて

「夏です!」

「じゃあ夏の曲歌います〜!!」

いえーいって感じの雰囲気だったのに突然

「聴いてください、恋を知らない君へ」

って本当に心の準備ができてなさすぎてたよ…

 

渚のお姉サマーとかさSummer Splash!!!とか歌う雰囲気なのにしっとりバラードここで挟んでくるんだよ?ずるいよ…。

 

これがまた3人にぴったりで声も3人それぞれ心地よくて。

映像では岩橋くんがとったとても素敵な写真が流れていて風景だったのがだんだんWゆうたや宮近くんのお写真もあったり岩橋くんらしくてとっても素敵な映像でした。

 

あと何と言っても少年隊メドレー。

本当に鳥肌が立ちました。

ダンスも今まで以上に気迫があってキラキラで3人なのにステージいっぱい使っているように見えました。

あのパフォーマンスは3人の魂が込められていて本当に見たことのない人はぜひ調べてみてください。

個性を出しつつも揃える所は揃えていて本当にかっこよかった。

 

ユニット曲もとっても楽しくてそれぞれのカラーが存分に発揮されていて。

 

Wゆうたはいかにも男の友情みたいな曲や演出で。

神くんがギター、岸くんがダンスといってはっきりとやることが分けられていて2人の個性がぶつかりながら上手く調和していてそんなパフォーマンスでした。

 

きしいわはわちゃわちゃでこの2人の雰囲気のまんまというか。

岩橋くんがかっこいいのに面白くて、岸くんはキメキメでなりきっていて本当にきしいわ兄妹って感じで。

上手く言えないけど見ててにこ〜ってなったり爆笑したり幸せになる演出で。

 

じぐいわはTHEシンメこれがシンメの最骨頂の演出かって思いました。

離れて見つめ合いながら踊って歌うのは痺れた…。

これがじぐいわかこれがシンメかって思い知らされました。

 

そして、この夏にも一曲新たなオリジナル曲が増えました。

描いた未来〜辿り着くまで〜

 

これがまた本当に素敵な曲で。

 

いつか 描いた未来 たどり着くまで

この歌詞がダイレクトで3人で掴みとるんだなあって確信しました。

 

こうやって3人が最初にPrinceって空に向かって書くのってエモくないですか?

 

ステナビであれだけ3人にはこだわっていないって言ってたのにこんなのずるくないですか?

 

 

歌っている時の表情が未来を見据えているようなそんな顔をしていてこれからも3人で3人じゃなきゃPrinceじゃないよって願うばかりでした。

大きく大きくなって行くPrinceをこれからも追いかけ続けようと改めて思った夏で。

 

オーラスではクアドラプルアンコールが起こりました。

となりの初めましてのPrincessとも手を繋いでみんなでせーのPrinceってやったのが本当に印象的で感動してこんな素敵な夏を過ごせていいのかなあって思いました。

それくらい終わってほしくないキラキラ輝いていた2017の夏でした。

 

2017の秋には舞台と湾岸と写真集。

舞台はジャニーズJr.だけの初めての舞台で私も初めて帝国劇場に足を運びました。

みんなで作り上げている舞台はとても素敵でPrinceが変わらずに戦争のシーン任されているのは胸が打たれてジャニフワ以来の舞台だったのでより考えさせられました。

 

そして、湾岸LIVE。

9月にいきなり発表されて何が何だかわからないけどまたPrinceの単独が決まったことが嬉しくて。

夏とも雰囲気が違ってこれまでのPrinceが歩んできた道を振り返るようなそんなコンサートで。

曲もずっと聴きたかったものばかりがぎゅぎゅぎゅっと詰め込まれていました。

Prince Princessのバックダンサーができたのも思い出で3人の後ろで踊る体験なんてもう絶対出来ないなあって。

3人の背中を見ながら踊るのはこんな感じなんだって思ったり私のJr.になりたい願望が少しだけ叶ったそんな夢のような体験でした。

 

待ちに待った写真集。

発表された時信じられなくて。

どこのページ見ても Princeしかいなくて3人しかいなくてニコニコ可愛いのもかっこいいのもぎゅっと詰まっていて本当に素敵な写真集でした。

そして何よりそれぞれのコメントが泣けるものばかりで。

お題も" Princeを運命だと思ったきっかけはなんですか?"

なんて運命だと思ってくれてるのが嬉しくてたまらなくて。

 

それぞれの苦悩もお互いへのメッセージもさらけ出してあるこの写真集は宝物です。

細部まで凝っていて Princessへってポスターの中に書いてあるのは本当にずるくて夜中に号泣してしまいました。

本当に愛がたくさん詰まった大切な写真集です。

 

 

そして、2017の年末3人だけのプリンスホテル公演

"My Princess Your Prince"がありました。

9月の舞台でいつかプリンスホテルでやろうなってセリフがあり一体本当のことなのかどうなのかわからなかったものでした。

それがいきなり11月にぽんっとお知らせが入って1ヶ月後!?!?!?キャパ鬼じゃん、、なんて騒いだのもいい思い出です…

 

年末なんて1月から舞台もあって忙しい時期に3人でしっかり作り込んでくれたこの本当に3人しかしない単独公演が夢のようでした。

 

冬のコンサートだからちゃんと作り直していて新たな曲やコントなど今まで見たことのない Princeがたくさん見れて本当に幸せでした。

この場所でできることが本当に嬉しそうでシャワールームがたくさんあるんだとか1つ1つが愛おしくてたまりませんでした。

最初のOP映像がもうデビュー組みたいで涙してそこから怒涛に過ぎていきました。

私が今までコンサート行った中で一番記憶がなくて悔しくて悔しくて。

でも、本当に夢の中の公演だったのかななんて思ってしまって。

局動画も上がらなくてふわふわふわふわ未だにしていてそれならなくなってしまうのも仕方がないのかななんて。

 

 

そんな夢のような単独でJr.としてのPrinceからの最後のプレゼントはオリジナル曲でした。

 

You're my Princess

 

これを聞いた時本当にPrinceが大大大大大好きだって叫びたくて彼らは本当に私たちPrincessを愛してくれてるんだって自惚れてしまうほど嬉しかったです。

 

曲名は岩橋くんが当初決まっていたものから変更して、神宮寺くんがラップ担当をしてそんな愛の詰まったこの曲はPrinceからの贈り物で少し遅れた大きな大きなクリスマスプレゼントでした。

 

"君じゃなきゃ""僕じゃなきゃ"っていう歌詞がPrince Princessの関係がちゃんと出来てたのかなって確信的に思えるものでした。

所々に手話が散りばめられていて誰が見ても誰が聞いても伝わるラブソングでこんなに幸せになれるラブソングは初めてでした。

岩橋くんのYou're my  Princessの時に"結婚して"の手話をやるのがめちゃくちゃかっこよくてかっこいいの言葉以外では言い表せません。

本当にプリンスホテルの単独は素敵な空間で会場の雰囲気もセットもすべてPrinceのためだけに用意されて本当に何度も言いますが夢のような空間でした。

 

 

そして、年が明けて1月17日。

Prince3人がMr.Kingとともに"King&Prince"の6人組グループとしてデビューすることが知らされました。

 

発表されいろいろな事が少しずつ変わってきてJrにQに呼ばれなくなったらポポロの自撮り企画からいなくなったり少しずつJr.というところから羽ばたいていくということが目に見えてわかるようになりました。

 

そして、ZIP での冠コーナー、VS嵐に出演など今まででは考えられないような出来事がたくさん起こり気がつけば5月の21日になってしまっていました。

 

最初このブログはPrinceの良さを少しでも伝えたいと思い書き始めましたがゆっくりゆっくり振り返りながら書いていたらいつのまにか良さというか私が振り返るだけのブログになってしまいました。

 

本当にPrinceを応援してて3人ともみんなが愛おしくてまるっと可愛くて大好きで。

いつでも元気をくれるのはPrinceになっていました。

どのユニットの時も岩橋くんの周りはいつも優しくて暖かくてだからどこの時代も大好きで仕方がありません。

 

岩橋くんはいつだって私たちファンも物語の一部として入れてくれたり、何があってもファンの人は守るといってくれていてそうした思いはJr.大賞にも現れていてデビューまで譲らずに5連覇を果たしました。

 

それは岩橋くんが優しくて強くて暖かい人だからだと思います。

 

そのことが特に感じられたのは神宮寺勇太、岸優太、岩橋玄樹のJr.3人で結成されたPrinceでした。

誰が真ん中に来ても両端で残り2人が優しく微笑んでいたり励ましていたり。

真夜中のプリンスが終わる時は真ん中で泣いている岩橋くんに「まじかよ〜!」「鼻水垂らすなって!」って泣くなよとは言わないWゆうたの優しさが伝わってきました。

この優しくて暖かい3人だからこそこんなに愛されたんだと思うし名残惜しくなってしまうと思います。

挫折して苦しんで。でも力を合わせて手を手を繋いで共に乗り越えてきた3人だからこそ1つの大きな大きな夢を掴みとることができたのだと思います。

 

クリエのときにファンの通称がPrincessって決まったときに恥ずかしくて恥ずかしくてそんなの言えないよって思っていたのに気づけば Princessなんだよって自信満々に言えるようになっちゃってて。

それは全て Prince3人が大切に大切に Princessって言ってくれたからであってどの雑誌でもファンの人ではなくて Princessって言ってくれたからであって。

きっと岸くんが一番照れてて恥ずかしそうだなあって思ってたのに2017年にはもう自信を持って言ってくれてるそんな風に見えてたまらなく嬉しくて PrinceもPrincessもたまらなく大好きになったんだよ。

 

5月23日でジャニーズJr.としての肩書きは無くなります。

ジャニーズJr.としての活動はどうでしたか?長かったですか?短かったですか?

私はジャニーズJr.としてセクゾのバックに踊る岩橋玄樹くんという子を見つけることができてここまで一緒に歩いたり走ったり時には立ち止まって振り返ったりすることができて本当に幸せでした。

ジャニーズJr.は大きな家族みたいに暖かい場所で。

そんな素敵な場所で笑顔でいる岩橋くんが大好きでした。

大きな家族から巣立ってしまうけど過去をそっと抱きしめてこれから歩んで行ってください。

 

"King&Prince"のこの6人がこれからどのような歴史を作っていくのか本当に楽しみです。

 

この先もずっとずっと愛される素敵な暖かい家族のようなグループになりますように。

 

キラキラとこれからも輝き続けられますように。

 

一緒にこれからも歩いていけますように。

 

本当に本当に神7もセクボもいつめんもPrinceも大好き。そして本当にありがとうございます。

感謝しても仕切れないくらいたくさんの思い出をもらってかけがえのない大切な思い出です。

 

 

 

 

 

 

本当に改めてデビューおめでとうございます。

本当に本当に大好きです!

 

岩橋玄樹くんこれからもずっとずっと愛しています。

 

 

2018.5.21

 

f:id:gen1723:20180521230712j:image

世界がぐるんと回った



2018.1.17



f:id:gen1723:20180119234301j:plain




私の大好きな岩橋玄樹くんのCDデビューが決定した。



何回見ても何回聞いても嘘でしょしか言えなくて。


"特別番組"という名の謎の番協が17日にあって夏!?いやいやまだ早いでしょって自分でツッコミしながら春決まったかな〜るんるん

って感じで過ごしててちょっぴりそれとは別にドキドキしてて。

トキカケ放送日だったしなんか繋がってる?とも思ったり。


でも、現場だろうなー!って思ってました。


13:30ぐらいにTwitter開いてまだ終わってなくて特別番組って検索したら


「キンプリデビューなんじゃない?」


みたいな呟き多くて

いやいやいやいやいやって思いながら次の1時間もし、本当にもしデビューしたらって考えたら涙出てきてうるうるしながら授業受けてました。


次にTwitter開くと


"King&PrinceCDデビュー決定"


「ん?どういうことまってねえまって」

っていって教室の壁に張り付いて

「どうしようデビューする…」ってクラスの子に話して手の震えが止まらなくて。


でも頭が全く追いつかなくて本当なの本当に?ってはてなマークばかり浮かんでて。


パソコンの授業だったからYahoo!開くとニュースのとこに

"新ジャニ四年ぶりデビュー"

って書いてあって文章読んで泣いてってとにかく震えが止まりませんでした。




家帰って岸担の子と電話して2人とも

「ねえ本当なの?」

「本当の本当なの??」


ってずっと本当に?しかいえなくて。



翌日WSに出てて本当にこれは私の知ってる岩橋くんなの?って思いながら見てて。


キラキラな笑顔で嬉しそうな岩橋くんも"本当に本当にあるんだな"ってびっくりしてる岩橋くんもそこには映っていて本当に本当なんだ夢じゃないんだって思ったら涙が止まらなくて。


いつも通りわちゃわちゃしてる可愛いキンプリちゃんが映ってるのにそれは情報局の動画でも少クラでもJr.dexでもなくて。


不思議な気分でした。本当に。




デビューするってことは、Princeがこれからもずっとずっと一緒にいれることが嬉しくて。


岩橋くんが大きな声でずっとずっとこのグループでいたいって言えるんだもん。


やっと言うことができるね。


前のじぐいわの対談のお話。


f:id:gen1723:20180119220014j:plain



これを見た時に玄くんは神くんがもしも辞めてしまったら同じく辞めるんだろうなって思っていて。


もしその時が来たら最後まではいはいじぐいわじゃんって泣きながら言ってるんだろうなって思ってて。


でも、一緒にこれからもいることできて10年後も隣で俺ら15年くらいの付き合いかよずっと隣いるもんなって言えるんだって。俺らあの時もこの時も一緒に頑張ったよなって言えるんじゃんって。



私はみんながもっともっと大きくなる過程をこれからも見れるんじゃんって。



写真集で個人を表すキーワードで岩橋くんWゆうたに


f:id:gen1723:20180119220350j:plain



f:id:gen1723:20180119220410j:plain



って書いてて。


これが叶うんだって思ったら言葉にできないくらい嬉しくて。



f:id:gen1723:20180119221929j:plain



岩橋くんってグループのことが誰よりも大切で大好きだと思っててキンプリもいつめんもずっと好きだってことが伝わってるしでもJr.という不確定な位置では大きな声ではあまり言えなくて"いたい"っていう願望でしか書けなくて。


でもこれからはずっと一緒にいれるんだよって。


ずっとずっとずっと一緒にいれるよ。

一緒に振り返れるよ。


俺らJr.の時ああだったよねこうだったよねって。


本当に嬉しい。





岩橋くんは2010年10月30日に入所してそれから7年と3ヶ月。

岩橋くんにとってこの日々は長かったですか?それとも短かったですか?



岩橋くんがこの世界に踏み出すきっかけは悔しさがきっかけだったのかもしれないけど紛れもなくこの世界で色んなこと経験して喜びも悲しみも挫折も味わって。

でもそのたびに立ち上がって這い上がって。


そんな岩橋くんにいつも尊敬を抱いてました。

どんなに辛くても絶対に諦めなくて弱音吐いてもやりきって。


でも、岩橋くん勘違いされてしまうことも少なくなくてその度に悔しくてわたし何にもできないのが悔しくて。

でも、大丈夫だからっていうみたいに自分で見返してるんだよね。


「見といてよ」みたいにさらっと最終的にはやってのけちゃうんだよね。


2014年、2015年のガムシャラのパフォーマンスバトルでリップとか髪型とか気にしてるからできないとか言われてたけどさらっとバク転した後にリップ塗ったエピが私も大好きで。


2014年は最下位で悔し泣きして、2015年は強い味方の岸くんも入って「優勝させたい」っていう岩橋くんに「させたい?するんだろ?」から始まった2015年の夏。


f:id:gen1723:20180119212845j:plain



f:id:gen1723:20180119212900j:plain


去年より技が高度になってバク転もスランプでできなかったり本番前に無理かもってなってたけど本番では成功させてどんどんチーム武レベルアップしていって最終的には優勝して。この人は本当にかっこよすぎるなあって。


最下位からの優勝ってどんなドラマなのって。




岩橋くんは、どんなに辛い状況でも努力した努力して努力して乗り越えてるだもん。



どんなに豪速球がきても全部打ち返してるんだもん。



今、とてつもなく悔しい意見もあって本当になんでって思うこともあって。



でも、きっとそれも岩橋くんは見返しちゃうんだろうなって。



あっという間に。



だって岩橋くんってかっこいいじゃん。



やるときやる男でとてつもなくかっこいいじゃん。


だからねそのままの岩橋くんでいいんだよ何も変わらなくて大丈夫だから。


そのまま突き進めばいいんだからね。 


何も気にせずに岩橋玄樹の道を行けばいいんだからね。



そして、岩橋くんだけではなくキンプリとしてみんなでやってのけちゃうんだろうなって。



去年はPrinceにPrincessとして特にたくさん言葉にすると照れちゃうけど愛してもらったなあって感じていて。

夏の単独、湾岸、プリンスホテルとPrince Princessの絆が強くなって。


成長していくプリンスにワクワクが止まらなくて会うたびに進化していってるんだもん。



2017年すっごい楽しくて本当に楽しくて。

こんなに通じあえるんだって勝手にだけど思って。

こんなに大切にしてくれてるんだって思って。



Princeが私たちにくれたものがあまりも大きくて。


Prince3人でやっていくって言ってくれてそれがめちゃくちゃ嬉しくて。


2017年、写真集もプリンスホテルで単独もやっちゃうなんて本当にかっこよくてたまらなくて。



だからこそまだすぐにはスッキリ変えられないけど少しずつ少しずつ整理していくからもう少しだけ待ってください。




本当に本当に沢山の思い出を幸せをありがとう。



Princeという名前が残ったから今までの時間もちゃんと繋がってるのは本当に本当に嬉しいです。




そして、2018年。



"King&Prince"としてこれから頑張っていくことを6人自身が決めて。

6人で話し合ってジャニーさんに直訴してデビューの切符を手にして。



Princessすんごいすんごい楽しくてPrince Princessってコールできなくなっちゃうのかなって思うのは寂しいけどそれ以上にワクワクしかなくて。



CDでてファンのキャーーなしの音源が手に入ってPVも作ってメイキングなんかもあったりしてやっぱりこの子たちはこの子達だなあって思ったりして。


コンサートしたらDVD出るのかなあ。


コンサートで銀テープ飛んでくるのかなあ。


Mステとかもでて他の歌番組までちゃったりして。


あんなに18歳になって毎年毎年探して見学席も見えないくせにカメラが行ったら動いて探してたカウコンに出れちゃうんだって。



もしかしたら私がもう一つ大好きな嵐の番組に出れるかもしれない。

VS嵐で笑いあってる姿が観れるかもしれない、岩橋くんと相葉くんが話してる姿が観れるかもしれない。


ワクワクの助手もしかしてキンプリちゃんがしちゃうのかもしれない。

ひょっとしたら相葉くんの助手を岩橋くんがするかもしれない。




なんて妄想したらこんなにも楽しい未来予測ができて。




プリンスホテルの泡を雪に見立てた演出はとても綺麗で綺麗すぎていつかもっと大きなところで見れたりするのかなって思ったことが現実にいつかなりそうで。




King&Princeとしてどうなるのか楽しみで私自身キンプリの単独に行ったことがなくてどんな感じなのか実際分からなくて。



だからこそ早く体感したくてキンプリはこんなんだよって。



それぞれ思い出沢山沢山あるけど、それを全て持って新たなステージへと進むんだよね。




私もこれまで見た景色を決して忘れることなく大事に大事に宝石箱にしまってそれを持って新しい岩橋くんが進む道を歩んでいきたいなと思います。



きっとこれからすんごいスピードで色んなことが変わると思うし味わったことのないワクワクとドキドキが玄くん、神くん、岸くん、紫耀くん、廉くん、かいちゃんには待ってるんだと思う。


ここからが新たなスタートで新しい道。


その道は綺麗に舗装されてないかもしれないし、泥んこかもしれない。



でもそこをたとえつまづいても、こけてもすぐ立ち上がって6人なら行ける。絶対に行ける。



6人ならそんなん気にせずに走り抜けちゃうでしょ?



私たち置いて行っちゃうくらい走り抜けちゃうんだから。



笑いながら何してるの早く!!ついてきてって言うんでしょ?知ってる。



でも少しだけやっぱり寂しいから手引っ張って連れて行ってよ。振り回してよ。くったくたになるまで振り回してよ。



ついて行けるように体力しっかりつけとくから。

体力なさすぎじゃない!?って馬鹿にできちゃうくらいつけとくから。





ここからがスタートここからが6人としてKing&Princeという一つのグループとして新たな挑戦。



大きくなってよでっかくなってよ。

寂しい気持ちなんて吹き飛ばしちゃうくらいたくさんたくさんテレビに出てよ。

また出てるじゃんっていうくらい出てよ。

友達に私、デビューの前から大好きだったんだよねって自慢して誰もがそれを聞いていいなあって羨むくらい知ってて多くの人に愛されるアイドルになってよ。

国民的アイドルグループになってよ。

世界的アイドルグループになってよ。

今まで会いに行くしかできなかったけど今度は会いにきてよ。"初めましてー!"ってきたら"来てくれてありがとうずっと待ってたよ"って言うから。




もう準備はできてるよね


それじゃあ行くよ?



いちについて



よーい



どんっ!!!











本当に本当に本当にデビューおめでとう。

これからもずっとずっとずっと応援させてください。大好きです。





君の優しさが溢れる時間〜Prince公演にて〜

どうしてもこのことだけでお話ししたいなって思ってPrince公演の個人的なまとめとは別にブログを書いてしまいました。

 

私の担当の岩橋玄樹くんはいつも天使のような笑顔で優しくてテレビ見ていても雑誌を見ていてもいつでも私の心を癒してくれます。

 

時々怒っちゃうのも拗ねちゃうのもご機嫌が斜めな時も彼は正直すぎるから全てお顔に出ててそれもまた大好きです。

 

隠すことも時には大切だけど隠しすぎちゃうとしんどくなっちゃうから素直に出せるってことはいいことなんじゃないかなって個人的には思います。

 

私は今までEXシアターに2015.2016.2017と有難いことに三年間足を運ぶことができました。

そして、ジャニフワ、Jr.祭りと岩橋くんを見ることができました。

 

私は地方に住んでるので番協も行くこともできなければEXシアターとガムシャラが連動していたコンサートも行けなかったし3人のクリエも行けなかったのであくまでも主観になってしまいますが今回の単独が私が今まで見てきた中で一番本当に一番岩橋くんの表情が優しかったんだ優しすぎたんだ。

 

見ているこっちがとろけちゃうくらいに優しかったんだ…。

 

私が初めて岩橋くんを見たのは2014年のパフォーマンスバトルでした。

武vs羅の時でこのときはかっこいい方が強かったなって。

初めて岩橋くんを見るからオーラがとてもすごくてチームリーダーでもあったからより頑張るぞっていう気迫を感じたのかなと。

バトルとあってやっぱりコンサートというかパフォーマンスの方が強いからそう感じたのかな。

もちろん可愛くファンサービスしてたのは見てたしキラキラソングでは笑顔が可愛くてアイドル岩橋くんでした。

 

去年は初めてコンサートというものにいけて平プリ天才松松公演でPrinceとして初めて見ることができました。

そして、Princeの初のオリ曲PrincePrincessも聴くことができました。

この曲を歌っている岩橋くんの表情は優しくて私たちを包み込んでくれるようなそんな気がしました。

 

舞台とJr.祭りを経て今回のPrince単独。

クリエも行けずに初めての3人だけのコンサート。3人だけの空間。

ドキドキしっぱなしでセトリも見ないように行きました。

入った時B1階からモニターが見えてPrinceという文字が書いてあり鳥肌が立ちました。

念願の3人だけの空間に今から行くことができるんだって。

 

始まってもちろんかっこいいときはかっこよくてクールなんだけどその中でも優しさが感じられて。

 

PrincePrincessはアカペラから始まってそのとき3人だけにスポットライトが当たって後は真っ暗で岩橋くんしか私は見れなかったけどとても力強くてまっすぐ前を向いていて強いんだけどどこか包み込んでくれるような温かさを感じてきっとWゆうたもそんな表情をしてたんじゃないかな。

 

じぐいわの見つめ合いもお互いに離さず優しく見つめあってて。微笑みながらね素敵だった「こんな空間に私がいていいのかな」なんても思ったりしてしまった。

 

そしてその後じぐいわが左右岸くんが真ん中向いて歌う時の岩橋くんは客席を見て歌っていてそのときの表情は一番優しくてとろけてしまいそうなくらい優しくて。

撫でられてなんかいないのに頭を撫でてくれてるような温もりを感じてしてしまったんだよ…

いつでもそばにいるよって語りかけてくれてるようなそんなお顔をしてたんだ。

 

Secret Codeでは岩橋くんサビでじぐいわがひらひらっと見学組と一緒に作ったりほっぺむぎゅってしたりつんつんしたり天使の戯れを見ているのかなって。

 

LOVE&KINGでのきしいわの絡みは可愛くてぱぱぱとかいっちゃうのも可愛かったけど最後の2人の掛け合いだったり2人で衣装脱ぎ出したりおてて繋いでぐるぐる回って岩橋くんが岸くんをお姫様抱っこしてぐるぐーるってまわってたりきしいわ兄弟がとてもとても可愛かった。

 

3人の関係性がとても好きだと思った夏でもあって、そりゃもともと大好きなんだけどより好きだなって。

岩橋くん普段あんな感じなんだなって素を感じることができて今まで大勢いたりしたから緊張しちゃったりあまり自分のお話をしなかったりしてたと思うんだけどWゆうたしかいないから自由に楽しそうにお話していた気がしていい意味で適当でふわふわしていてすぐ岸くんさあ!!って言っちゃうし声もひっくり返っちゃったり結婚したいとか甘い言葉言っちゃうし自由人な岩橋くんだった。

ストラックアウトでは跳ね返って当たったのは本当はだめなのに甘々Wゆうたでいいかってなったり今のだめ?って甘える岩橋くんであったりとても可愛かった。可愛すぎた。

 

特に印象に残ったのが「恋を知らない君へ」で暗転の中優しい顔でファンのみんなのこと見ていて言い表せないくらいとてもとても優しかった。

きしいわで歌うとき2人で微笑みあっていてきゅうって胸が苦しくなっちゃうくらい優しい表情をしていてこのまま時が止まっちゃえばいいのになんて思ったり。

サビでモニターに3人が3分割されて儚さと力強さを感じて儚い中にも温かさを感じました。

 

言い出しちゃうとキリがないんだけど本当に全てが優しくて温かかったんだよね。

 

$10のABCのCは刈り上げが見えちゃうくらい激しくやってて愛おしいなって思うしノーマターマターでおきまりの両手でふりふりやピースは女子ドルかなって思うくらい可愛いしハロ春はじんぐーじ!きしくん!こっちこっち!ってやるの可愛いしオーラスは両手あげて早くううっていってるの可愛いしかないしkeep onで岸くんにちゅーってしようとするの愛おしさでしかないし見学組との絡みは可愛くてふっかに膝枕河合くんに頭なでなでされてたり勝利くんに耳打ちで話したり岸くんのことをジェスチャーでクルクルパーってしたり全てが可愛くてでもこの可愛いの中今回全て温かさを感じたんだ。

 

どんだけ言うんだって思うけど優しかったの本当に。

特にオーラスがねとんでもなく優しかった。

Bステの下のファンの子達のために乗り出してバルコのとこに手をかけてお話聞いてあげるようにしててうんうんってうなづいてた時が本当に遠くから見ていたんだけど本当に心が温かくなってじーんってね。

あとちゅって本当にしてるみたいに唇だけ突き出してたり端の方まで手を振っていたりファンサ曲が少ない中その中でもたくさんの子にしてあげようとしていてずっと色んな子を見て優しく微笑みながらやっていて語彙力がないからうまく言い表せないけどキャラメルみたいに甘い感情になったというか。

 

本当に本当にこの子を応援できていることが嬉しかった。

素敵な人を見つけることができたんだなって。

いつもいつもファンの子へ向ける視線がとても優しくて好きなんだけれどもよりこの単独でも優しくて温かくて包み込んでくれてた。

みんなを包み込んでたよ。

本当に結婚したいって声ひっくり返りながら言ってくれたのこっちまでびっくりしちゃってテンションがとても高くてとても楽しんでくれてるのかなこのコンサートが楽しいのかなって思って思い出に残るコンサートにできたかなって。

 

岩橋くんやPrinceはいつも物語として話してくれていてその物語は必ずファンもいて。

岩橋くんの作る物語は必ず笑顔と優しさと温かさがあると思うんだ。

ファンの子達がいないと何もできないって言ってくれたり守らないとって言ってくれたり可愛いお顔の裏には力強くてまっすぐ前を向いている岩橋くんがいつもいて。

未来をテーマにしていた公演でその力強さも感じたけど優しくて温かさの方を強く感じたからこれからもこの子はいつまでもこのことを大切にしてくれるんだろうなって。

本人は自覚がもしかしたらないかもしれないけど包み込むような優しさは誰もが醸し出せるものではないから岩橋くんの大切なものとしてこれからも残していってほしいな。

 

 

こんな感覚私初めてでいつも応援する人は笑顔が素敵で幸せには絶対なるんだけどコンサートで表情で泣くくらい優しくて温かさを感じるのは初めてで本当に隣にいて微笑んでくれてるようなそのくらい距離がなくて体温が感じられてるみたいな感覚がしたんだ。

 

 

とてもとてもとても素敵な素敵すぎるPrince単独公演でした。

本当に120公演くらいおかわりしたいいやもっとおかわりしたいコンサートでした。

そして、岩橋くんのあの表情がずっと永遠にまたPrinceのみんなのあの優しい表情が永遠に続けばいいのにって願う単独公演でもありました。

 

 

 

Princeの優しくて温かくでも力強く決して何にも怯まない物語はこれから始まる…。

ステナビを読んでの独り言。

昨日発売されたステナビまだ私の地域では発売されてないけれど居ても立っても居られずテキスト載せてくれている方のを読みました。


正直悲しかった。

悲しかったといったら誤解されてしまうかもしれないけどでも正直な気持ちはこの一言。


私自身、箱推しというか岩橋玄樹という人物が大好きだけど玄樹くんがいるところはどこも素敵で本当にみんなを応援したくなるですよね。


だから、神7もいつめんもキンプリもPrinceも大好きだしかけがえのない存在です。


ダメダメなおたくだからいつまでも懐古しちゃうし拗らせちゃうし。

どれも綺麗すぎる思い出だから時々思い返しちゃうんですよね。


今回それぞれのグループについて言及していて儚いというか切ないなって。

関東Jr.はとっかえひっかえ出たり抜けたりの繰り返しだなって思っていて特にPrinceの3人はそれがまた多かったんじゃないかなって。


少なからずいつめんに想いを馳せてたのは岩橋くんだしキンプリに想いを馳せてたのは神宮寺くんだし。


どのグループでも3人は全力でパフォーマンスしてきたと思うしどこも大切だったと思う。


デビューしたいって言ってたしね。


でもPrince以外は事実上解散バラバラになってまた一からまた一からの繰り返しだったんだよね。


あれほど長く渡っていつめんが大好き二年経ってもここのクリエが一番の思い出だと言っていた岩橋くんが『「このグループじゃなきゃ!」って意識はなかった』なんてないもん絶対。


岸くんも神くんもそれぞれグループ意識がなかったことなんてないと思うんだ。


そう言えない状況が悔しいというかそういわないとやってけない、期待しすぎたらダメって言い聞かせてるように聞こえてただただ悔しい。



でも、私が思っている以上にはるかにPrince3人とも大人だったんだよね。

ステナビ決してマイナスに捉えてる訳ではないんだけどいい意味でも悪い意味でも大人になったんだなって。

特にグループにこだわってたじぐいわがこだわってないって思うようになったんだなって。


周りをたくさん見てきていろんなことを経験して思うことが増えてきたんだなって。


二年くらい前のポポロのテキストの

「隣に神宮寺がいなくなったら…俺はもう辞めるしかない」って発言した時とは違ってるんだなって。



私ステナビ見るまでずっともし万が一辞めるときにはじぐいわ一緒にいなくなっちゃうんだろうなって思ってたんだよね。

2人揃ってさっと儚くいなくなるんだろうなって。

そしてやっぱりじぐいわは最後まではいはいじぐいわじゃんってね。


でも今は個々として考えるようになって前からもそうだったのかもしれないけどそれを前面にファンに伝えてるのは初めて聞いたと思うから強くなったんだなって。


彼らは様々な経験をして私たちが想像している以上にたくましく強くなったよね。


「お互い、今やれることを頑張るしかないんだよ」って神くんじぐいわのこの対談で言ってるから根本的な考えは変わってないのだろうな。


ステナビ読んでいつでも全力で何事も立ち向かって壁があっても乗り越えてきたからこう言えるんだよねこう思えるんだよね。



そして、3人ともファンを大切に本当に大切に思ってくれてて。

いつも言葉にしてありがとうとかみんなお姫様だよとか伝えてくれて不安な思いなんて吹っ飛ばしてくれて本当に優しくて私はいつも嬉しいです。

Jr.大賞のときもPrinceのファンのおかげっていってて本当に素敵すぎるグループなんだよ。


Princeがやっぱり大好きだしエゴかもしれないけど私はPrinceがPrinceでいられることをただ願ってるよ。


期待しすぎたら負担かけちゃうから気づかれない程度に期待しているよこれからも。

PrinceがこれからもPrinceでいて私たちがPrincessでいられることがいつか永遠なりますように。


とりあえず大好きでこれからも3人応援するからね。


真夜プリも夏の単独もキンプリハイB公演も頑張ってね!


本当にだーーーいすき!!(重くなってごめんね)

岩橋玄樹くん、4連覇おめでとう。


2017年Jr.大賞発表されましたね。


まずは、本当に本当に本当に4連覇おめでとうございます。

とてつもなく嬉しくて嬉しくてたまりません。


たかが雑誌の一つの投票ものという括りにはなるとは思いますが、MyojoのJr.大賞はほかの企画とは違ってメディアに取り上げられるものだと思っています。

去年の時は特にプリンスが夏からコンサートなど主な仕事がなく不安な日々を過ごしていました。

ファンもだしプリンス自体も焦りや不安など少しにしてもあったと思います。


その時に岩橋玄樹が3連覇を果たしそれがPrinceにとってもPrince担にとっても支えになった部分は少なからずあると思います。

テレビや雑誌など3連覇と岩橋くんが出るたび紹介され影響力がとても大きいものだと再認識しました。



そして、4連覇がかかった今年。

正直もう4連覇は果たせないだろうなと思っていました。

しょうれんの人気もすごくメキメキ上に上に上がっていっていることを目に見えてわかりましたし、どちらかがなるだろうと思っていました。


なれなくても仕方ないと、何位でも玄くんは玄くんだしね。


一つとても嬉しかったことが、投票のときや発表前など岩橋担以外の神くんや岸くん、または顕嵐ちゃんの担当さんたちが岩橋くんに4連覇してほしいなどのツイートをみてすごく心がほっこりしました…。

同時にこの子は本当にいろんな方に愛されてるんだなと思いました。


恋人にしたいJr.といっても正直これは人気投票になってしまってると思います。

なのに他の担当の方から4連覇して欲しいと言われるのは、玄くんの言葉や態度、人に対する言葉遣いや接し方などがとても優しく好印象なものだからこそだと思います。

3連覇のコメントでも

「ファンの子の愛をしみじみ感じられて幸せ」って謙虚な言葉でとても優しい気持ちになれるコメントだなって思いました。


今回も

「Princeのファンみんなのおかげです」

っていつまでもファンに優しくていつでも色々報告してくれてずっと感謝を伝えてくれる貴方だからこそ4連覇を成し遂げることができたのだと思います。


芯が通っていて、人見知りだけど許したらとことん大切にツンデレだけど優しくて気が使えてわがままだけどメリハリがしっかりついていて努力家で何事にも一生懸命取り組んでいつまでもファンを大事にいつも感謝を初心を忘れない岩橋玄樹くんだからできたのだと思います。



クリエも出ないことを本日知り、これから何がどうなるのかはわからないけど確実に大きく羽ばたいて行く準備はされていっていると思うので、寂しい気持ちはありますがいつまでもいつまでも変わらない玄くんが大好きでついていきます。


これからも無理せずにゆっくりなペースでマイペースでね。


Princeなら大きなところまでどこにだっていけるよ。

笑顔でいてくれれば、それだけでいい。

 

ひょんなことから語彙力がないのにも関わらず、ずっとやってみたかったはてなブログを初めてみました。

 

最初は自己紹介とかがいいかな?とも思ったけど書きたいことができたのでつらつらと思うがまま書いてみたいと思います。

 

 

 

年末に毎年恒例のジャニーズカウントダウン略してお馴染みの"カウコン"があります。

 

一昨年、そこでジャニスト四人体制でのデビュー発表がされましたよね。

 

個人的そろそろデビュー誰かしらしてもおかしくないのでは?と思っています。

それは私じゃなくても思ってる人は多いと思います。

カウコンでするのじゃないのかなとここ最近考えてるとなんだか寂しくなるのです。

 

「デビュー」という事柄自体私自身望んでいるけど望んでいない。

何ともわがままな考えを私は持っているのだと思います。

 

デビューしてもらいたいけど、してしまったらなんだか怖いというか離れていってしまう遠くなってしまうという考えをしてしまうのです。

 

もともと近くなく遠いことは分かってるけどそう思ってしまうファン心理をお許しください。

 

そして、何よりしてもらいたくない理由は

"必ず誰しもが望む形にはならない"

ということです。

 

アイドル本人たちにせよ、ファンにせよファンにとったら色々推しグループやシンメ、本人たちは一緒にやってて楽しい、こいつとなら上にいけるなど様々な想いがあると思います。

 

私の場合は、セクボちゃんが大好きでデビューじゃなくてもキンプリができた時は受け入れられずなんかもやもやしてて

「どうして五人がだめなの?この六人なの?」

と愚痴を漏らすことも多かったです。

しかし、キンプリのクリエやサマステレポを見る度に反対していた私の考えが変わっていきいづれか

「なんで自分キンプリのサマステ行かなかったの」

 

「すっごい6人成長していってる見たい。」

 

とレポを見るだけでもキラキラと輝く6人が想像できてすんなり受け入れることができあの愚痴をいってた時期は何だったのかと思うほど応援することができるようになりました。

 

 

正直、ここキンプリがデビューするんだと思い覚悟も去年してました。

 

 

オールスターゲームの前に東京ドームで歌わせてもらい、6人で特番を持ち、個々でバラエティにでて、おまけにはMステにもでて。

 

ここまできたらするしかないでしょ、いやしなきゃだめでしょ。

 

「ついに、世に大きな世の中に岩橋玄樹が披露される。この6人の青年たちが世間に見つかってしまう」

 

と思っていました。

 

しかし、秋には名前が"Mr.KING" "Prince"とバラバラになり去年の夏は夢だったかのように素早く何事もなかったかのようにその夢は覚めてしまいました。

 

そして、その俗に言う"解散"に喜ぶ人も悲しむ人もいました。

「元のグループがよかったから解散してくれてよかった」

 

「早く前のグループに戻らないかな」

 

「6人が大好きなのになんでバラバラになっちゃったの」

 

「デビューすると思ったのに」

 

などたくさんの意見が飛び交ってました。

 

 

私はバラバラになったのももちろん寂しかったのですが、なにより解散を望む声があったのが何より辛く悲しかったです。

 

アイドル本人たちが、頑張ってもっと上へ上へと日々成長していってるのにその努力を言葉一つで壊してるように感じたからです。

 

確かに自分が気に入ってるグループじゃないから嫌だというのはとてもわかります。

 

でも、自分が大好きなアイドルの成長を自分で止めてしまうことほど悲しいことはありません。

 

 

だからこそ、デビューすると意見は必ず飛び交います。

それが辛いのです。その意見で彼らの成長を止めてしまうとなると怖いのです。

 

 

一つのグループの結成や解散で一喜一憂があるのに、デビューなんてしたらもうそのグループその括りは変わることはありません。

 

 

 

もし、その括りが反対の人が多かったら本人たちは少なからずその言葉や意見を耳にすると思います。

 

本人たちも辛いし、ファンも辛いと思います。

 

Jr.だと、グループが違っても雑誌の企画でたまに絡みがあったり、番組で共演して懐かしんだりといくらでも自分の好きな括りを観れるチャンスはあります。

その括りに変わるチャンスなんて無限にあると思いますJr.だから。

 

少クラだと、最後のエンディングで絡んだりすることも、ゲームで一緒になることもあります。

 

しかし、デビューすると好きな括りを観れるチャンスは減ります。ほぼなくなります

Jr.でなければ少クラのエンディングもJr.だけのものは出ることができません。わちゃわちゃが見れることが減ってしまいます。

例え絡んでも絶対に一緒に曲を出したりコンサートで歌ったりすることはほぼないですし、あったとしてもグループが違います。

 

ここからは勝手な憶測ですが、Jr.からデビューしたら仲の良いJr.の仲間との関係性も少しは変わってきちゃうのかなと思います。

やっぱり、デビューという"夢の第一歩を出せた人"と"まだその一歩を出すことを許されてない人"だと複雑な気持ちになったり遠慮してしまったりということは必ずあると思います。仲良くても仲間でも大好きでも芸能界での"ライバル"だから、Jr.のなかでの"ライバル"だから。

 

 

私はこの変化が怖い。

今仲の良い子達が変わってしまったら関係性が変わってしまったら大好きな子はどうなるんだろうって余計なことを考えてしまいます。

 

今、Jr.みんなで仲間ありライバルなこのJr.たちがみんなで協力して切磋琢磨しあって大きく大きくなっているのをテレビで見ることがとても嬉しい。

 

Jr.の仲間とのお仕事で演技やダンス成長した姿を見れるのが嬉しい。

 

いろんな経験を詰んでいってJr.の仲間とのコンサートや舞台なんかを見に行く度に顔つきが変わっていっているのがわかるのが楽しい。

 

 

そしてなにより

Jr.のみんなと楽しそうに"笑顔"でいてくれるのが何より嬉しい。

 

 

自担くんが笑顔で、そしてJr.のみんなが笑顔でいてくれるだけでそれだけでいいのです。

 

今のJr.担は番組でレギュラーがあったり、コンサートも単独であったり、春夏とJr.メインコンサートしてくれたり、舞台もあったりと結構充実してる方だと思います。

 

もちろん、メインコンサートに出てほしい、CD出してほしい、グループのレギュラーが欲しいなどと色々あるとは思います。

 

でも、比較的メディアにもちょくちょくでたりしてくれてるから私自身この状況に甘えています。

 

私の大好きな子達が当たり前にテレビにでてくれてレギュラーもありがたいことにあって、少クラでは曲を毎回歌ってくれて、雑誌では3ページくらい載せてもらえてるこの状況に。

 

しかし、いつこの状況がなくなるのか変わるのかわかりません。

 

そうすると、デビューしてほしい。この状況が続いて欲しい。いや、もっといろんなものを見せて欲しい。

 

 

とこのように思ってます。

わがままなことにこんなことを思っています。

 

 

 

でも、デビューするかしないかなんて、ジャニーさんしかわからないし、もしくは、神のみぞ知るのかもしれません。

 

 

 

そう、誰にもわからないのです。

 

 


 

だから、デビューより今の状況が続いて欲しいと心の中で思うのかもしれません。

 

 

 

そして、今のJr.のみんなが現実的な話デビューはできません。

 

 

私は、今のJr.のみんながデビューを掴み取るために、笑顔で輝いていて協力しながら努力していき成長していくことが見れるこの状況が大好きなのかもしれません。

 

 

 

 

今後、状況が変わってしまうのは間違いありません。

 

 

 

 

だからこそ、変わった時でもどうか、みんなの表情が笑顔でありますように。

笑顔が溢れていますように。

 

そして、この夢だけは覚めませんように。