読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君らしく輝けば世界も輝く

たくさんの笑顔を君に。

笑顔でいてくれれば、それだけでいい。

 

ひょんなことから語彙力がないのにも関わらず、ずっとやってみたかったはてなブログを初めてみました。

 

最初は自己紹介とかがいいかな?とも思ったけど書きたいことができたのでつらつらと思うがまま書いてみたいと思います。

 

 

 

年末に毎年恒例のジャニーズカウントダウン略してお馴染みの"カウコン"があります。

 

一昨年、そこでジャニスト四人体制でのデビュー発表がされましたよね。

 

個人的そろそろデビュー誰かしらしてもおかしくないのでは?と思っています。

それは私じゃなくても思ってる人は多いと思います。

カウコンでするのじゃないのかなとここ最近考えてるとなんだか寂しくなるのです。

 

「デビュー」という事柄自体私自身望んでいるけど望んでいない。

何ともわがままな考えを私は持っているのだと思います。

 

デビューしてもらいたいけど、してしまったらなんだか怖いというか離れていってしまう遠くなってしまうという考えをしてしまうのです。

 

もともと近くなく遠いことは分かってるけどそう思ってしまうファン心理をお許しください。

 

そして、何よりしてもらいたくない理由は

"必ず誰しもが望む形にはならない"

ということです。

 

アイドル本人たちにせよ、ファンにせよファンにとったら色々推しグループやシンメ、本人たちは一緒にやってて楽しい、こいつとなら上にいけるなど様々な想いがあると思います。

 

私の場合は、セクボちゃんが大好きでデビューじゃなくてもキンプリができた時は受け入れられずなんかもやもやしてて

「どうして五人がだめなの?この六人なの?」

と愚痴を漏らすことも多かったです。

しかし、キンプリのクリエやサマステレポを見る度に反対していた私の考えが変わっていきいづれか

「なんで自分キンプリのサマステ行かなかったの」

 

「すっごい6人成長していってる見たい。」

 

とレポを見るだけでもキラキラと輝く6人が想像できてすんなり受け入れることができあの愚痴をいってた時期は何だったのかと思うほど応援することができるようになりました。

 

 

正直、ここキンプリがデビューするんだと思い覚悟も去年してました。

 

 

オールスターゲームの前に東京ドームで歌わせてもらい、6人で特番を持ち、個々でバラエティにでて、おまけにはMステにもでて。

 

ここまできたらするしかないでしょ、いやしなきゃだめでしょ。

 

「ついに、世に大きな世の中に岩橋玄樹が披露される。この6人の青年たちが世間に見つかってしまう」

 

と思っていました。

 

しかし、秋には名前が"Mr.KING" "Prince"とバラバラになり去年の夏は夢だったかのように素早く何事もなかったかのようにその夢は覚めてしまいました。

 

そして、その俗に言う"解散"に喜ぶ人も悲しむ人もいました。

「元のグループがよかったから解散してくれてよかった」

 

「早く前のグループに戻らないかな」

 

「6人が大好きなのになんでバラバラになっちゃったの」

 

「デビューすると思ったのに」

 

などたくさんの意見が飛び交ってました。

 

 

私はバラバラになったのももちろん寂しかったのですが、なにより解散を望む声があったのが何より辛く悲しかったです。

 

アイドル本人たちが、頑張ってもっと上へ上へと日々成長していってるのにその努力を言葉一つで壊してるように感じたからです。

 

確かに自分が気に入ってるグループじゃないから嫌だというのはとてもわかります。

 

でも、自分が大好きなアイドルの成長を自分で止めてしまうことほど悲しいことはありません。

 

 

だからこそ、デビューすると意見は必ず飛び交います。

それが辛いのです。その意見で彼らの成長を止めてしまうとなると怖いのです。

 

 

一つのグループの結成や解散で一喜一憂があるのに、デビューなんてしたらもうそのグループその括りは変わることはありません。

 

 

 

もし、その括りが反対の人が多かったら本人たちは少なからずその言葉や意見を耳にすると思います。

 

本人たちも辛いし、ファンも辛いと思います。

 

Jr.だと、グループが違っても雑誌の企画でたまに絡みがあったり、番組で共演して懐かしんだりといくらでも自分の好きな括りを観れるチャンスはあります。

その括りに変わるチャンスなんて無限にあると思いますJr.だから。

 

少クラだと、最後のエンディングで絡んだりすることも、ゲームで一緒になることもあります。

 

しかし、デビューすると好きな括りを観れるチャンスは減ります。ほぼなくなります

Jr.でなければ少クラのエンディングもJr.だけのものは出ることができません。わちゃわちゃが見れることが減ってしまいます。

例え絡んでも絶対に一緒に曲を出したりコンサートで歌ったりすることはほぼないですし、あったとしてもグループが違います。

 

ここからは勝手な憶測ですが、Jr.からデビューしたら仲の良いJr.の仲間との関係性も少しは変わってきちゃうのかなと思います。

やっぱり、デビューという"夢の第一歩を出せた人"と"まだその一歩を出すことを許されてない人"だと複雑な気持ちになったり遠慮してしまったりということは必ずあると思います。仲良くても仲間でも大好きでも芸能界での"ライバル"だから、Jr.のなかでの"ライバル"だから。

 

 

私はこの変化が怖い。

今仲の良い子達が変わってしまったら関係性が変わってしまったら大好きな子はどうなるんだろうって余計なことを考えてしまいます。

 

今、Jr.みんなで仲間ありライバルなこのJr.たちがみんなで協力して切磋琢磨しあって大きく大きくなっているのをテレビで見ることがとても嬉しい。

 

Jr.の仲間とのお仕事で演技やダンス成長した姿を見れるのが嬉しい。

 

いろんな経験を詰んでいってJr.の仲間とのコンサートや舞台なんかを見に行く度に顔つきが変わっていっているのがわかるのが楽しい。

 

 

そしてなにより

Jr.のみんなと楽しそうに"笑顔"でいてくれるのが何より嬉しい。

 

 

自担くんが笑顔で、そしてJr.のみんなが笑顔でいてくれるだけでそれだけでいいのです。

 

今のJr.担は番組でレギュラーがあったり、コンサートも単独であったり、春夏とJr.メインコンサートしてくれたり、舞台もあったりと結構充実してる方だと思います。

 

もちろん、メインコンサートに出てほしい、CD出してほしい、グループのレギュラーが欲しいなどと色々あるとは思います。

 

でも、比較的メディアにもちょくちょくでたりしてくれてるから私自身この状況に甘えています。

 

私の大好きな子達が当たり前にテレビにでてくれてレギュラーもありがたいことにあって、少クラでは曲を毎回歌ってくれて、雑誌では3ページくらい載せてもらえてるこの状況に。

 

しかし、いつこの状況がなくなるのか変わるのかわかりません。

 

そうすると、デビューしてほしい。この状況が続いて欲しい。いや、もっといろんなものを見せて欲しい。

 

 

とこのように思ってます。

わがままなことにこんなことを思っています。

 

 

 

でも、デビューするかしないかなんて、ジャニーさんしかわからないし、もしくは、神のみぞ知るのかもしれません。

 

 

 

そう、誰にもわからないのです。

 

 


 

だから、デビューより今の状況が続いて欲しいと心の中で思うのかもしれません。

 

 

 

そして、今のJr.のみんなが現実的な話デビューはできません。

 

 

私は、今のJr.のみんながデビューを掴み取るために、笑顔で輝いていて協力しながら努力していき成長していくことが見れるこの状況が大好きなのかもしれません。

 

 

 

 

今後、状況が変わってしまうのは間違いありません。

 

 

 

 

だからこそ、変わった時でもどうか、みんなの表情が笑顔でありますように。

笑顔が溢れていますように。

 

そして、この夢だけは覚めませんように。